離婚、相続、遺言については当事務所にお任せください。
ていねいに法律相談している大阪の弁護士の尾崎法律事務所です。

尾崎法律事務所

まずはお気軽にお問い合わせください。06-6316-8855 [受付時間 平日AM9:00〜PM8:00]

ブログ

HOME > 事務所ブログ

ブログ一覧

 カテゴリー : 一般, 法律

破産に陥りやすい人4収入が不安定な人

破産に陥りやすい、第4は「収入の不安定な人」である。

 

実際に私のところへは、相当な高収入にもかかわらず
多重債務に陥っている人からの相談もしばしばある。

 

 そうなった原因にはいろいろあるのだが、
「トータル的には高収入だが、収入が安定していない」
という人がよく見受けられる。

 

 こういった人たちは決して収入は低くないのに借金をせざるを
得なくなって気がつくと返せなくなっているのである。

 

 そういった事態に陥ってしまうのはなぜであろうか。

 

その理由の一つとしては、収支のバランスがとりにくいことに
あると考えられる。

 

収支のバランスという点からすれば、

収入が低くても安定している人ならば

その範囲で生活することが難しいわけではない。

 

それは、

収入に合わせた支出予測が立てやすく、それにあわせたライフスタイルを
構築することが比較的容易だから、安易に借入に頼ることにならないはずである。

もちろん本人の心がけ次第であるが)

 

これに対して、収入が不安定な人は、収支のバランスをとりにくい。

 

すなわち、収入の範囲内での消費生活の見通しが立てづらく、
収入の範囲内でのライフスタイルを構築することも困難となってしまう
のだろう。

 

また、収入の不安定な人は往々にして収入の多いときにあわせた生活を
しがちであるようだ。

 

そうすると、
どうしても収入の少ない時期には支出過多ということになり、
それを穴埋めするための借入をしてしまうことになるのだろう。

 

その結果、収支のバランスを欠いてしまい、生活費が不足した際に借りた
債務が徐々に膨らんできてしまい、経済的に破綻するということに
なるのである。

 

こういった事態に陥るのは自営業者だろうと思われるだろうが、
サラリーマンも意外とある。

たとえば歩合制の給料が多い職種(不動産業、歩合制の営業職の人
など)である。

 

さらに、

収入の不安定な人の中には見かけほどは実際に生活費に充てるための
収入はそれほど多くないという人もいる。

 

すなわち、一時的に手にするお金の額が多くても、
結局は目に見えない「経費」でお金が出て行っており、
実際に手元に残るお金はたいした額ではない、
という人もまま見られる。

 

結局、収入の不安定な人は、収支生活を計画的に進めることは困難である。

借入をせずに生活を進めるには、表面上の入金額のみに目を
奪われないようにして、年間トータルでの収入と支出を
心がけて頂くほかないと思われる。

 カテゴリー : 一般, 法律

リボ払いはやめなさい

破産に陥りやすい人について、紹介してきたが、今回は一休みして

確実に破産に陥るクレジットカードの利用としてリボ払いを紹介したい。

 

すでに多くのところでリボ払いがいかに多重債務を招きやすいか紹介されているようであるが

私もあらためて指摘しておきたい。

 

破産者はおよそすべてと言ってよいほど、クレジットカードのリボ払いを利用し、その支払に

追われて破綻しているからである。

 

リボ払いというのはクレジットカードのショッピングやキャッシングに
利用した際に、その支払を一括にするのではなく、毎月均等額を利息
あるいは手数料とともに支払っていくという支払方法である。

 

 クレジットカードは、無計画な利用をすれば、翌月か翌々月に一括して多額の

請求が口座から引き落とされ、給料をもらったにもかかわらず,口座残高を見て

愕然とする、ことになりがちである。

 

これに対しリボ払いは,毎月定額を支払うことになるので、これを利用する人は

月々の負担は少なくてすむと考えているようである。

 

しかし、一括払いは、ほとんどの場合現金支払と同じ額が引き落とされるので

あって、実質的には単に支払いを先延ばしているにすぎない。

従って計画的な利用さえすれば、支払に窮することは比較的少ない。

 

ところがリボ払いは,単に計画的な利用で対処できない。

 

なぜなら、リボ払いは分割払いであって当然利用額に金利が加算されて

支払うことになるからだが、自分がどの程度借金を返済し、いくら金利を

支払っているかがわかりにくいからである。

 

まず、リボ払いでどの程度債務を返済しているのかを考えてみよう。

 

 

例えば、昨年12月27日に金50万円をクレジットカードでキャッシングして,

リボ払いで毎月2万円ずつ支払うことになったとしよう。

 

 金利年率15%の表

 

新たな借入れがないばあい、約2年半支払を継続することになる。

 

年率18%の表

 

年率18%の場合も2年8ヶ月かかる。

 

 

 

以上のように、50万円を借り受けて,その後一切クレジットカードの利用をせず毎月2万円ずつ返済していっても,完済するには3年近くかかる。

 

いずれにしても単純に 500,000=20,000×25と言うわけではなく

余分に数ヶ月は支払を継続しなければ完済することにならないのである。

 

しかも、これはあくまでも、一度利用してから3年近く新たな利用をしないという前提

であることに注意されたい。

 

およそ、クレジットカードの利便さを考えると、リボ払いを利用する人たちが

支払いを完了するまで新たな利用をしないことは通常考えられないからである。

 

そして、リボ払いのたちが悪いのは

一定額を支払っていることから、借金が減っていると錯覚することにある。

 

その結果、支払を継続しながらさらにクレジットカードの利用をすることになるが、

いくら支払っても借金が減らない状態に陥ってしまう。

 

最初に50万借り受けて、3ヶ月に1回5万借入を続けた場合

 

借金が4年たっても全く減っておらずむしろ増えているのがわかるだろう。

 

実際のカード利用はこれより頻繁になされるから、

もっと短いスパンで借金は増えていくことになるだろう。

 

クレジットカード会社からすれば、リボ払いは金利・手数料を稼げるわけ

であるからおいしいのであって、クレジット会社によっては最初からこれを

勧めるカードもある。

 

しかし、このような利用を続けては借入限度枠がいずれいっぱいになってしまい、

新たな借入(利用)はできなくなってしまう。

 

そうすると、

別のカードを作ってそこでも同じようにリボ払いをすることで

しのごうとするわけだが、そのようなことをすれば毎月の支払額の合計が

たちまち増加してしまい、また別のカードを・・・となれば、

毎月一定額の支払いが可能であっても、その一定額が積み重なることで

支払に支障をきたすことは自明である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

我が国では今後働いても給料が増える可能性は少ない。

そこで、少しでも手持ちのお金を増やそうと、投資が盛んになっていくようである。

 

残念ながら、利回りのよい投資方法は素人の手に余るが、

一方借金は簡単にできてしまう。

 

企業が設備投資をするために借金をするのと違い、個人はもっぱら

消費のために借入をすることは、全く不合理と言わざるを得ない。

 

もちろん、生活費が不足してしまいやむを得ないこともあるだろうが、

借金は少しでも早くなくしてしまうことが肝心である。

 

リボ払いはその意識を希薄にしてしまうのであって、多重債務への階段を

転げ落ちるものであることを肝に銘じたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリー : 一般, 法律

破産に陥りやすい人3見栄はりな人

破産に陥りやすい、第3の類型は
「見栄はりな人」である。

 

これは、第2の類型「収入が落ちたときに生活レベルを落とせない人」と

どこが違うんだと思うかもしれない。

 

確かに第2と重なる部分はある。
ただ第2の場合は収入が落ちていることの認識を持てば修正の余地が

ある。

これに対し、この人たちは、実際の収入とは別の基準で一定レベル以上

の生活を望むと言う点が異なり、ある意味こちらの方が修正は難しいかも

しれない。

 

一定の基準とは、世間や隣人・交友関係の中での(少なくとも本人が

思い込んでいる)生活レベルであり、これを基準に、収入に見合わない

高額な商品を購入する生活を続けているわけである。

 

こういう人たちは自分の交友関係を「世間の基準」と考えてそれ以上の

生活を維持しなければならないという信念(強迫観念と言ってもよい)

にとらわれている。

これを修正することは信念を曲げさせることであるから極めて困難である。

 

これは必ずしも、高額品の購入や裕福に見える贅沢な暮らしだけを

意味するわけではない。

より深刻なのは「子供の教育」に親の見栄が絡んだ場合である。

 

例えば、その人の経済的観点からすれば、子供は公立中学・高校へ

進学させるのが妥当と思える場合であっても、あえて中高一貫の

私立校へ進学させて,その結果経済的苦境に立つ場合などもある。

 

我が国の教育環境の格差は年々広まるばかりである。
ちょっとでも子供によい教育環境を与えたいという気持ちはわかる。

したがって「子供の教育」のためと言われると正面切ってこれを否定

しづらいし、その子供のために親が無理をしても行かせたことが

長い目で見ればよかった場合もあろう。

 

しかしそこに「親の見栄」などが入ってくるのであれば、やはりその選択は

問題だと言わざるを得ない。

 

そもそも「見栄をはる」のは、自分の収入や経済状況を基準とする

のではなく、世間や交友関係など「廻りの他人」からみた見た自分を

基準に生活レベルを考えるからである。

 

しかしながら、実は他人や世間は、あなたが思うほど、

あなたに関心など持ってはいない。

 

だとすればそういった世間や他人の目などを基準に生活を営む

べきではない。

世間のレベルなどを捨て去って、自分の経済状況を客観的に分析して、

生活していくべきであろう。

 カテゴリー : 一般, 法律

破産に陥りやすい人2 生活レベルを落とせない人

 破産に陥りやすい、第2は
「収入が落ちたときに生活レベルを落とせない人」

である。

 

 多くの人たちは、昔のように終身雇用ではなく、また契約社員や
派遣社員として働くようになっている。

 

 定年延長がなされても、多くの場合は、嘱託などの名目でそれまでの
給料の何割かをカットされて仕事を続けることとなる。

 

このように、収入が不安定な人や,以前に比べて
収入が大幅に落ちることは昨今の状況からは

ほとんど不可避といっていいだろう。

 

こういったときに個人的な対策としては
生活レベルもそれに見合ったものにせざるを得ないだろう。
具体的には生活費を切り詰めて支出を抑えることになる。

 

ところが、いったん引き揚げた生活レベルを下げることは
なかなか難しい。

 

特に趣味や、それが楽しみだというものにお金をつぎ込んできた
人にとっては、支出を減らすことイコール趣味をやめること
に等しいともいえる。

 

あるいは、子供の進学費用などはこれを切り詰めることは
困難なことが多い。

たとえば、教育のためには子供を私立学校へ入れたい人は
無理をしてでも、その費用を捻出しようとする。
(「お兄ちゃんのときは私立だったのに弟は公立じゃかわいそう」
と言った親心もあろう。)

 

厳しいようだが、こういった事態を避けるにはやはり
これらを我慢するかあるいは場合によっては
断念することが、必要であろう。

 

 

そういう思い切ったことができずに、
徐々に生活費の不足を借金でまかなうと言う
状態に陥ってしまうのである。

 

当たり前のことを言って申し訳ないとは

思うが、あえて意識していただきたいと考えて

以上指摘したものである。

 カテゴリー : 一般, 法律

破産に陥りやすい人1自分の収入と支出を把握していない人

 破産に陥りやすい人の第1は「自分の収入と支出を把握していない人」である。

 

 まず支出を把握していない人がそうなりやすいことは容易に理解できるだろう。
 しかし、支出が把握できないのは当初から自分の収入をも把握できていない

からである。

 

 この点、自営ならともかく毎月の給料が決まっているサラリーマンなのに収入を

把握していないことってあるのか?と思うかもしれない。だが、給料などで生活

している人でも自分の収入を把握していない人は意外と多い。

 

 そもそも多重債務に陥る人は、「これぐらいなら大丈夫だろう」という甘い見通し

で借入やクレジットカードの利用をすることが多い。しかしこれらはいずれも「借金」

であり当然であるが返済しなければならない。最終的に借金がなくなるためには

「借りた金額より多くの支払」が必要である。

 

 本来は、収入から「借金」を返済していくことができるかどうかを常に考えておかな

ければならないはずである。特に安定した収入のある人ならそれは可能であるに

もかかわらず、多重債務に陥ってしまう人が後を絶たないのは、やはり自分の

収入をキチンと把握していないからである。

 

 以上より、自分の収入の範囲内で生活することを心がけるには

先ずは収入を把握する

ことが必要である。

 

 次に支出であるが、収入の範囲内での生活には通常、借金の返済は想定していない。

借金というのは、いずれは返済することでなくしてしまわねばならない。従ってそれ以外

の支出、すなわち生活費が毎月どれくらいあるのかを把握しなければ、いくら借金

の返済に回せるかもわからない。

 結局、こういった支出を把握しないで安易に借入やカードの利用をしてしまい、

返済に追われて生活費が不足しさらなる借入をする・・・と言う悪循環に

陥ってしまうのである。

 

 以上に述べてきたように、先ずは、自分の収入と支出をキチンと把握することで

安易なカードの利用等をすることにはならず、すくなくとも予定外のことが

起こらなければ、計画的な支払は可能となるはずである。

 

 カテゴリー : 法律

破産に陥りやすい人について

 債務整理や破産の相談を何度も受けていると、そうなる

事情は様々ではあることがわかる。
 ただ、相談に来る人には一定の傾向があるように思われる。

 ここでは、破産状態に陥りやすい人をあげてみたいと思う。

 

 ギャンブル好きな人や収入の低い人なども破産に陥りやすいが

ここではあげていない。

 なぜなら、これらの人たちは自覚があるわけであって、自覚がない

人こそ問題であろう。

 

 私が「破産に陥りやすい」と考える人は以下のようである。
1 自分の収入と支出を把握していない人
2 収入が落ちたときに生活レベルを落とせない人
3 見栄張りな人
4 収入が不安定な人
5 いわゆる「意識高い」人

 

 これらの人たちがなぜ破産しやすいのかを順次解説してみよう。

 カテゴリー : 法律

婚姻費請求権「消滅せず」 申し立て後に離婚でも

日経新聞その他の記事で

婚姻費請求権「消滅せず」 申し立て後に離婚でも」

という最高裁の決定がでたので、ここでも紹介しておく。

 

要するに、

「婚姻期間中に,婚姻費用分担請求がなされ、

それが確定せずに、その後離婚が成立したとしても

婚姻期間中の費用請求権は失われない」

と言う判断がなされたものである。

 

普通に考えると、婚姻期間中に配偶者の一方が他方に対して

生活費その他の婚姻費用を請求できるのは当然であるところ

離婚をしてしまったときにはその請求権が失われると言うのは

常識的にみて、おかしいように思える。

従って、この最高裁の判断は妥当と言うべきであろう。

 

ただ、今回の判断は、

「婚姻費用の分担を申し立てている間に離婚しても、

離婚前の婚姻費用の請求権まで消滅する理由はない」

と言うもののようである(弁護士ドットコムの記事による。)。

 

 

したがって、

「離婚成立までに、婚姻費用の請求がなされていない場合に

離婚成立後、婚姻費用の未払を理由にその請求権が

消滅しないのか」

は、なお判断が分かれるのではないか。

 

離婚成立までに,婚姻費用分担の調整まで申し立てなければ

ならないのか、それとも単に調停外で費用請求をすれば足りるのか

と言った点も含めて、問題は残っているように思われる。

 

 カテゴリー : 一般, 法律

令和元年ー2年 年末年始の営業について

当事務所の年末年始は以下のとおりです。

 

  令和元年

  12月28日(土)  △ 11:00~17:00(※1)

  12月29日(日)  △ 11:00~17:00(※1)

  12月30日(月)  △ 13:00~17:00(※1)

  12月31日(火)  × (※1-2)

  令和2年

   1月  1日(水)  ×

   1月  2日(木)  ×

   1月  3日(金)  ×

   1月  4日(土)  △13:00~17:00(※2)

   1月  5日(日)  △13:00~17:00(※3)

 

(※1)前日までに予約がなければ、上記時間帯も休みとさせていただきます。

(※1-2)前日までに予約があれば、相談業務のみ適宜対応いたします。

(※2)12月31日までに予約がなければ、上記時間帯も休みとさせていただきます。

(※3)1月3日までに予約がなければ、上記時間帯も休みとさせていただきます。

 

 以上よろしくお願い申し上げます。

 カテゴリー : 一般, 法律

債務(任意)整理で大丈夫?(その1-2)

1 債務整理において検討すべき要素
(1)債権の内容と債務者側の事情
(2)債務額について
(3)支払方法:分割の場合(以上、前ブログ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(4)債務者側の事情:収入、財産等の支払能力
    さて、任意整理の場合の分割での支払金額は概ね割り出せた

   わけですが、現実医これを継続して支払っていけるかどうかは、もっ

   ぱら債務者の支払能力にかかってくるわけです。

 

    分割払いを希望される方は、通常ご自身に支払いに当てること

   のできる財産は持たず,もっぱら毎月の収入から支払うことを想定

   されておられると思います。

 

    そうすると、収入から日々の生活費等を差し引いた分(ここでは

   「可処分所得」と言いましょう。)を支払に充てることになるわけです

   が、これがいくらぐらい確保できるかが問題となります。

 

    以下は、統計などによるものではなく、もっぱら当職の経験からの

   目安となりますが、「確実に継続的な支払が可能な収入と毎月の

   支払金額」は、

     毎月の支払金額

     =(「毎月の手取り収入」-「家賃(住居費)」)×(0.15~0.25)

   ではないかと考えております。

 

    手取収入が多い方や住居費の割合が低い方は、支払に充てる

   割合は高くなり、収入の低い方及び住居費の割合が高い方は、

   その割合は低くなると考えられます。

 

    以下のように例を挙げてみましょう。

   A.月の手取り15万円、家賃5万円の場合

     (150,000円-50,000円)×0.15~0.2

                      =15,000円~20,000円

 

   B.月の手取り20万円、家賃5万円の方の場合、

     (200,000円-50,000円)×0.2=30,000円

 

   C.月の手取り30万円、家賃8万円の方の場合は、

     (300,000円-80,000円)×0.2~0.25

                      =40,000円~50,000円

 

   D.月の手取り35万円、家賃10万円の方の場合は、

     (350,000円-100,000円)×0.25=62,500円

 

  となります。

 

(5)任意整理が可能な債務額

    そうすると、逆に任意整理可能な債務総額も概ね割り出せることになります。

 

    すなわち、

       毎月の支払金額×60=任意整理の債務総額

   となるわけですから、前述の例からすれば、

 

    Aの場合:15,000円~20,000×60回=90万円から120万円

    Bの場合:30,000円×60回=180万円

    Cの場合:50,000円×60回=300万円

    Dの場合:62,500円×60回=375万円~400万円

 

   と言うことになります。

 

     以上のように考えると、手取り収入が、

    ・15万円以下の場合、金90万円から120万円まで

    ・20万円以下の場合、金200万円まで。

    ・30万円以下の場合、金300万円まで。

    ・35万円から40万円までの場合、金400万円まで

 

   が現実に任意整理可能な債務額だと考えられます。

 

     もちろん、ご相談者様の様々な事情(ボーナスがある、家族の援助が

   得られる等)により、上記に当てはまらない場合もありますが、目安として

   は、上記を基準に任意整理が可能かどうかをご検討の上、個人再生や

   自己破産も考慮する必要があります。

 

 カテゴリー : 一般, 法律

債務(任意)整理で大丈夫?(その1-1)

 借金問題でお問い合わせをされる、あるいはご相談に来られる方の多くが、
任意整理を希望されます。

 

 しかしながら、債務整理というのは、基本的に今までの債務を各債権者との
交渉により支払金額や支払方法を軽減してもらって支払う、と言うものです。

 ですから、任意整理の場合、債権者に受け入れてもらえる範囲で
「債務者が支払うことのできる金額を支払うことのできる方法で支払っていけるか?」
を検討することになります。

 

1 債務整理において検討すべき要素
(1)債権の内容と債務者側の事情
   借金問題で相談に来られる方は様々な事情を抱えておられますが、解決方法

  の選択として大きな要素は、債権の内容等と債務者側の事情とに分けて考える

  ことになります。

 

   具体的には、
   1 まず債権内容については
   ①借金の額(債務額)
   ②債権者の人数(債権者数)

   2 ご相談者側の事情として
   ①ご相談者の収入
   ②ご相談者の財産・その他(親族等からの援助の可能性)
  がそれぞれ大きな要素です。

 

(2)債務額について
   まず、1①(債務額)については、任意整理が可能かどうかの基本的な要素です。
  債権者にいくら支払うことになるのかは、原則として債務額が基準となるからです。

   以前は、貸金に関しては利息制限法を超える金利(グレーゾーン)でもって金融
   業者に利息を支払っており金利を再計算することで名目上の債務額よりも低い

  金額の元本のみ支払えば足りるケース(過払金が発生しており債務が消滅している

  ケースも)が多くみられたのですが、2010年6月以降、貸金業法の上限金利が

  下がったことから元利金の不一致がなくなり、債務額(元本額)に齟齬が生じる

  ことはなくなりました。

 

   その結果(計算間違い等を除いて)債務額を法律上減額できる根拠はなくなった
  ことから、債務者が元本額の減額を求めることは困難な状況となりました。

 

  以上からすれば、おおむね,相談者の方が自覚している債務額と,債権者が把握
  している債権額はほぼ一致していることになりますので、任意整理の場合の

  支払総額は、基本的には債権者の請求金額と言うことにならざるをえません。

 

(3)支払方法:分割の場合
   多くのクレジットカード会社や銀行系のローンは、概ね合意時点における債権額
  (元本+その時点までに発生した利息・損害金)について、5年(60回)

  以内の分割での支払いを希望します。
   (※)任意整理の場合、将来の利息・損害金(すなわち債務整理の合意から完済
        までに発生する利息・遅延損害金)は約定通り支払っている限りにおいては、
        発生しません。

 

   したがいまして、任意整理の場合、
      毎月の支払金額=債権者の請求金額÷60

  を基準にそれが可能かどうかを考える必要があります。

 

   たとえば、300万円の債務がある場合、これを分割で支払っていくとすれば、

      3,000,000÷60=50,000

   すなわち、毎月5万円ずつ支払っていけるか?を検討することになるわけです。

 

                                              (続く)

お問い合わせ・ご相談はこちら まずはお気軽にお問い合わせください。(土、日、祝日は事前ご予約の上お受けいたしております) お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ