離婚、相続、遺言については当事務所にお任せください。
ていねいに法律相談している大阪の弁護士の尾崎法律事務所です。

尾崎法律事務所

まずはお気軽にお問い合わせください。06-6316-8855 [受付時間 平日AM9:00〜PM8:00]

ブログ

HOME > 事務所ブログ > 「iPS細胞」って表記だが・・・

ブログ一覧

 カテゴリー : 一般

「iPS細胞」って表記だが・・・

なんで小文字半角の「 i 」が頭に来て、そのあと全角大文字の「PS」と続くのだろう?

・・・我々日本人にとって喜ばしく、誇らしい出来事であることに異論はない。ただいつもそうなのだが、どういった業績なのかが専門的すぎて
分からないことが多い。
ノーベル賞に山中伸弥教授 iPS細胞開発、再生医療へ道開く
「夢の再生医療」実現間近 iPS細胞実用化へ研究急速に進展

一応記事などからiPS細胞というのがどういったものかを私なりに理解してまとめてみた。

1 iPS細胞は、体組織の如何なる部分にもなりうる細胞である。
 一般に卵細胞が分裂して身体の諸器官が完成すると、これらの器官を構成する細胞は、それ以外の細胞としての役割を持つことはできないが、iPS細胞はこういった細胞にリセットをかけた結果、別の器官になりうる細胞に分化誘導できる。

2 体組織の如何なる部分になりうる細胞は、受精卵をもとにしか製造できなかったが、iPS細胞は一般の細胞に4つの因子を取り入れること
で製造可能である。

3 今後、iPS細胞から目的の細胞を分化・誘導する技術が進展すると、問題のある身体の部位を置き換える(再生する?)ことで治療することが
できる。

・・・以上のように理解したのであるがそれでいいのだろうか。
  誤解があれば、教えて欲しい。

お問い合わせ・ご相談はこちら まずはお気軽にお問い合わせください。(土、日、祝日は事前ご予約の上お受けいたしております)お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ